クロマグロで日本が譲歩しないためには定量的な証明が必要だ

モナコに端を発するクロマグロ禁輸については、日本政府は反対している。が、その反対に明確な理由がない。

明確な理由とはなんぞや。それは証明である。事実とロジックを駆使した説明である。

彼らは論理で攻める。地中海・大西洋のクロマグロ資源量はかつての15%に減少と。

日本は経験で攻める。今までどおりハエ縄漁法で釣れる、それはクロマグロが減っていることを示していないと。

仮にハエ縄漁法で釣れる数字が、よりクロマグロの資源量を示しているとはいえ、そのつながりが明確なロジックで証明されていなければ、どうして異邦人を説得できるのか。

ましてや日本の食文化を守るなどという理屈が、世界で通用することはまずない。ベルギーと組もうが韓国と組もうが、それは本質的な反証にはならない。

相手は定量的な土俵を作り上げているのに、こちらは「経験上」とか「食文化」といった定性的な土俵で戦おうとしている。

そもそも戦う出発点で間違っているのではないか。

ならばこちらも定量的な証明をしなければどうしようもない。

たとえ、絶滅危惧種指定が、資源囲い込みのカモフラージュだとしても、今の日本のやり方に彼らが耳を貸すことはあるまい。

彼らもまた、平然と自国の利益を守ってくるであろうから。

—–