中国対応、「解決策は尖閣諸島の共同管理」という意見に一言

結論から申し上げますと、共同管理が可能なのは、「約束を果たす」・「契約を守る」ということに、同じ程度の共通了解があるもの同士のみであると思います。


考えてもみてください。あたなが、たとえ約束によって多少不利を被ろうとも、程度はあろうが約束は約束だから果たす、という人だとします。


そんなあなたが、次のような人に対して約束はするものでしょうか。


1)約束はしたが、少しでも不利になるようなら約束の履行をしない人。
2)約束はしたが、自分とっての勝手な不利と思われる線引きにより一方的に約束を反古にする人。
3)約束はしたが、相手の不利につけこんで、最大限の自分だけの利益を引き出そうとする人。
4)約束はしたが、相手に付き合うと、自分が一方的に不利になると判断した場合に、約束を破棄してくる人。


私は4)であれば約束はしてもいいと思います。
約束とは少なくともそういう覚悟を持ってするものだと思います。


逆に、一方的に不利であるにもかかわらず、「約束があるから」といって相手にずるずると引きずられるのは、人であれ集団であれ、独立なき未成熟状態で、それは宋襄の仁みたいなもので、愚かだと思います。


ただ絶対に約束しない相手は1)~3)に該当する人です。

そしてそれが中国です。

・・・

というわけで、今回の緊張を解決する案として、尖閣諸島の共同管理をと言っている著名人を見かけますが、

共同管理にすれば何か解決できると思っていたり、別の国・地域でそういう例があるから、それで解決できるとするなら、これは浅慮だと思います。


相手がどんな性格の相手であるか、またこれまでの付き合いの経緯からこれによってお互い利益を享受できるのかどうか、入念に検討したうえで判断する必要があると思います。


で、少なくとも、東シナ海でのガス田の中国の対応を見るに、どうして尖閣諸島を共同管理すればうまくいくなど考えることができるのでしょうか。


日本人同士の感覚のように、謝れば水に流すとか、お互いの利益を解けば相手も納得するとか、そういう前提で中国を眺めているかのような発言については、私はそれは違うということを表明しておきたいと思います。

—–