中国は始めから「冷静」に日本に対応してきている

尖閣諸島問題で、日本に対して中国が謝罪と賠償を要求していることについて、日本国民として日本政府の反応に一言。しきり中国に対して、「冷静」な対応を、と発言していますが、これはあまりに幼稚と思われます。

日本が船長を逮捕してからの中国の対応は、明らかに計画的でしょう。各種のイベントの中止・駐留法人の拘束・レアアースの問題・ガス田の動きなど、多方面で日本を締め上げるのに、これらはほぼすべて冷静な計画的なものと考えるべきでしょう。

そもそも、漁船を尖閣諸島周辺に出している時点で、その後の展開をシミュレーションしているのが普通だと思われます。どの国も、政治的駆け引きに対しては、シミュレーションをしているものかと。

船長を解放して、中国政府が謝罪と賠償を要求したことに対して、政府内に衝撃が走ったというのは、そのこと自体に国民として衝撃が走ります。そういうケースを想定していなかったとうことです。

仮に民間セクターが、感情で何か行動を起こしたとしても、そのこと自体もまた冷静に利用してくるのが中国のやり方かと思います。

・・・

中国は始めから冷静です。冷静に、尖閣諸島を奪取する計画を立てていることでしょう。手段として、強引で冷静でないようなやり方を採るにせよ、それもまた冷静にシミュレーションされた手段でしょう。

片山総務相は、船長釈放を評価して「日本は少し大人の対応をした」と発言したそうですが、

そういう認識自体が国際社会の常識からすると、相当子供なのではないかと思います。

わが国の政府にはしっかりと対応してもらいと思います。

今回の事態収集に対する国益の損失を最小化する対応と、今後同じケースが発生したときに、同じく国益を損なわない対応方法の確立を求めます。