地震にともなう危険の対策項目 ※東日本大震災

阪神大震災を宝塚市で経験し、今回、東京で東北地方太平洋沖地震を経験した身でありますが、地震発生に備えるべき項目をまとめておきたいと思います。


ただしこれは、被災地の周辺といいますか、比較的被害の少ない地域限定かもしれません。


今回でいえば東京。(震度5クラス)

前回では、宝塚市・伊丹市(震度6クラス)


■普段から

・寝るときに、頭に重たいものが落ちてこないような家具配置。


■発生時

・自分のいる場所の安全アナウンスに従う

 ※パニックを起こした人たちと同じ行動をとらない

■発生後

・ガスの元栓しめる

・風呂に水をはる

・靴をはく

・食料調達

・ラジオを携帯

・ワンセグを携帯


■発生後しばらくして

・安否連絡(電話/メール)


安否確認を最後にもってきたのは、今回もそうでしたが、やはり電話はつながらないためです。ですので、一生懸命に安否確認をしても、すぐにはやりようがない、という現実があるかもしれません。


ただ今回、TwitterやFacebookは機能していたようですね。


これからは、電話通話が駄目ならメール(携帯電話/インターネット)、それが駄目なら、ソーシャルメディア(インターネット)。


というような安否確認ルートを考えることができるのではないかと思いました。

-----

おすすめの記事