夏風邪にかかるリスクは上がっている。その対策とは。

このほど、何年かぶりに、夏のただなかに風邪をひきました。

で、症状は、朝から全身のだるさに始まり、夜に39℃の高熱になり、その後に徐々に治まっていった、というものです。

このとき、医者に行ってきて、なるほど、記憶にとどめておきたいことが2つありました。

夏は、冬と同じくらい乾燥している

医者とのやり取りです。

医:「職業はなんですか?」

私:「IT系です」

医:「ということはデスクワークですね?」

私:「はい」

医:「夏のオフィスはエアコンが効いてて、冬と同じくらい乾燥してるんですよ。だから粘膜の乾燥は避けられないんですね。」

私:「言われてみれば確かに・・・」

というわけで、夏であれば湿度が高いので風邪ひきにくいという環境は、今みたいにエアコンが完備されると、全然関係ないということになります。

夏の乾燥の対策は?

医者は続けます。

医:「私達にも風邪の予防策があるんです」

私:「加湿器ですか?」

医:「15分に1回、水を一口だけ飲んでほしいです。そうすると喉の潤いが維持されるので、ウィルスがつきにくくなるし、ついても流されます」

医:「15分に1回、うがいは難しいですが、一口水を飲むならできますよね。一般の人にはあまり知られていないですが、医者はやっている人は多いです」

というわけで、そんな予防が方法があったのか、ということで早速、出社してから試すようにしています。

すぐに風邪をひくことはそもそもないでしょうが、これは冬も使えそうなので、継続して自分自身に実験してみたいと思います。

ちなみに私は、コスパのことを考えて、オフィスでは朝一にコンビニで2リットルのお茶を買って、それを紙コップで飲む、というスタイルですので、15分に1回のリズムで水分を一口とることは可能です!