悲しみと勇気の振れ幅によっていっそう感動させられる作品 - 『四月は君の嘘』

近頃は、名作と言われるアニメをいろいろ見ています。

そのなかで、またひとつ感動させられた作品が見つかりましたので、ご紹介させていただきます。

『四月は君の嘘』です。

悲しみと勇気の振動

感動狙いの作品には、「悲しみ」をこれでもかと押し付けてくる内容のものがあったりしますが、

この作品では、「悲しみ」と「勇気」が1対1になっていて、その振れ幅が、どちらもより強調させることになり、

結果的には、どちらも最高度に強調されています。

だから、話を見終わったあとのモヤモヤも少ないです。

それから、この話は、「音楽の演奏」が中心に据えられていますが、これらの感情を音楽に乗せているところも、その時の「気分」に浸りやすいということがあります。

アニメで見た方がよいです

あとは最後に、この作品を支える要素のひとつは「映像の美しさ」です。

これがあるので、実写版の『四月は君の嘘』は見ない方がいいと思います。

アニメであることによって、完璧に話の世界が再現されますが、

実写版であれば、やれ俳優の演技がどう、だとか、つまらないネガティブ要素が入り込んでくるためです。

ちなみに、話の展開は、それなりに本や漫画で、青春モノを読んだことがある人には、「なーんだ」となるかもしれません。

が、重要なのはその作品を見ているその時に、作品に浸れるかどうかだと思います。

そしてこの作品は、十分に浸れると友います。