駿台予備校の井辺先生(数学)のことを思い出して笑ってた

私は東京に住んでいるのですが、このほど兵庫県の実家の母が原付に乗っててコケてしまい、結構な怪我(打撲)をしてしまい、日々の生活が一時的に困難になりました。

で、ちょうど東京で勤務している会社は、緊急事態宣言中で在宅ワークになっているので、しばらく実家で在宅ワークしながら家事をやって母を支えることにしました。

そんななかの週末で、お昼間は暇な時間もできてくるので出かけることにしました。

行き先は、昔懐かしの高校から予備校まで歩いてよく通った道を、なぜかもう一度歩いてみたいと思ってしまい、そこまで行ってしまったのでした。

@スタート
阪急関大前駅

@ほぼゴール
緑地公園駅

@ゴール

で、ゴールは駿台予備校なのですが、ここでなんか当時(1999年頃)のことを思い出していると、数学の井辺先生という講師がいて、とても面白かったのを思い出しました。

当時はネットもそこまで当たり前ではなかったけど、今ではTwtterなんかがあるから、評判とかどうなっているのだろうと思って検索してみました。

検索で出てきた情報のなかでは、駿台大阪校Wikiというサイトがボリュームがあったのですが、井辺先生について書かれていたことは、やっぱり面白かったです。

外部サイト駿台大阪校Wiki:井辺卓也

読んでいて、当時を思い出しながら爆笑してしまった記述を抜粋しておきます。

・夏休み中に「土日」の上半分を隠すと「エロ」になることを発見したらしい。
・問題でa,b,やu,v,などの記号が出てきて掛け算などの結果を書いていた時(〜auを書いた時)「あぁ僕auですドコモに変えたいんですけどね。」
・「・・・」を「バキューン!バキューン!バキューン!」と言いながら書くことがある。
・「ここまで良い?大丈夫?お亡くなりになってる人いない?」
・クラスのレベルにもよるが、誘導部分の本当に簡単な問題(解けなければ合格が危ぶまれる問題)の解説をする時、「諸君ええか、この問題が解けなかった人はミジンコ以下です。」
・「昨日の晩飯カレーやった人~」(これで迂闊に手を挙げると当てられる。)

駿台大阪校Wiki

ちなみに、上記の「バキューン!バキューン!バキューン!」は、こちらで聞けます。

Twitterバキューン!バキューン!バキューン!

かっこいい井辺先生はこちら。

Twitter先行きが不透明であってもやらなければいけないこと。勉強。

私は当時、たしか微分積分の授業で、なにかの点の数が「1個」だったときに、「答えは1個、イッコ、イッコーに構わん!」というのを、井辺先生の前知識がなくて授業でいきなり披露されて、爆笑していた記憶があります。

こんな予備校時代もありましたねー

最後に、いつでもTwitterで探せるようにこちらのリンクを残しておきます。

Twitter「井辺先生」検索結果

楽しい思い出というのは良いものです。

おすすめの記事