豊臣秀吉に学ぶ ※明智光秀討伐~畿内掌握

明智光秀の討伐から、柴田勝家を滅ぼし、いよいよ天下統一に乗り出す直前の秀吉です。

天下統一という大きな目的に向かって、手を打って行く秀吉の行動に学びます。

内容は、現代にも翻訳できるものばかりでした。

ひらめき電球よりスケールの大きな目的に対して計画を描くこと。

自らの手による天下統一を目的とした豊臣秀吉と、織田家の枠組みの中で行動していた柴田勝家とでは、「本能寺の変」以後の行動に、その差がはっきりと表われている。

ひらめき電球よきアドバイザーを持つこと配すること。

内に向かってと外に向かって。
そうして、自分に足りない部分を補わなければならない。
  
 内 : 千利休、曽呂利(実在?)
 外 : 黒田如水、蜂須賀正勝

ひらめき電球信頼できる情報筋の確保をしておくこと。

 堺衆、千利休、黒田如水

ひらめき電球戦は、始める時点で、終わりの見通しを立てておくこと。

 →伊達政宗にも繰り返し同じ記述があった。
  過去ブログ:伊達政宗に学ぶ ※徳川幕府成立~家光の治世