エンジニアは己の設計の無能を「アジャイル」で隠している

平均年齢の若い会社に転職して、エンジニアやディレクターの動き方を見ていると分かることがある。

それは、彼らが「アジャイル」を誤用しているということである。

「アジャイル」は成果物の見通しのつかないときに使う手法だ。

だからB2Cのサービス開発ではよく使う。ユーザーの使い方が読めないからだ。

が、B2Bの業務支援のようなサービスでは、使われ方は明確に見えている。ゆえに、成果物がほとんど見えている。

金融にせよ医療にせよ、物流にせよ、業務はいま運用がまわっているところから出発する以上、今のご時世で、使われ方や成果物が見えないとすれば、それは上流工程の業務要件定義の無能以外の何物でもない。

失敗するエンジニアの群れ

そして、仮に業務要件定義をしたとしても、システム設計フェーズで、ろくに設計をせずに開発をするエンジニアたちがいる。

彼らは一様に「アジャイルなので」という。

それは単に設計しきるスキルと我慢ができないだけのこと。

私はそういうエンジニア組織を多数見てきた。

そしてそんな組織が関わるプロジェクトは確実に炎上している。

決まり文句は、自分たちより上流の設計の不確実性。

成功するチーム

開眼して、進んで業務理解をしようとするエンジニアが存在し、

同じく開眼し、進んでシステム理解をしようとするディレクターが存在するプロジェクトは、

真っ先に設計に着手し、不確定要素を排除しきれないところだけをアジャイル的に進める。

このプロジェクトはほとんど成功している。

日本人は、民主主義よろしく、成果主義よろしく、ここでも猿真似で失敗している。

自分たちの現実から出発しないかぎり、方法論を使いこなすことはできない。

そして方法論の陰に、自分たちの無能を隠すのは卑劣であろう。

おすすめの記事