ハイエクを読む ~リバタリアニズムを排すためのメモ~

人間の努力を統合する手段として競争の力を最大限に利用することを認める自由主義論は、事柄をあるがままに放っておこうとするものでない。

(中略)

自由主義論は、競争が有利に行われるためには、慎重に考えつくされた法的構造が必要であること、ならびに現行の法規も過去の法規も重大な欠点をもっていないものはないことを否定しないで、むしろ力説さえするのである。

F.ハイエク 『隷従への道』

 

おすすめの記事