黒田如水に学ぶ ※人に使い捨てにされないために

「戦国武将に学ぶ」も、ついに最後の黒田如水まで

きました。


毛利よりは織田、織田の次は羽柴、羽柴の次は徳川と、

先を読むに優れた洞察力の持ち主です。


また、個々の戦場での調略活動も素晴らしいものが

あります。これにより、秀吉は明らかに助けられて

います。


上記の通り、将来の見通しと、戦争での駆引きに

ついては正確無比、天才的であったと読み取ること

ができる人物です。


が、そもそも自分が主体的にどう動くべきか、という

ような部分については読み取るところが殆どない

でもありました。


黒田如水の人生は、豊臣秀吉に、生かさず殺さず

使い捨てにされたと言えます。


よって黒田如水から学びえたことは、

混乱の世の中にあって、自分の軸を明かし、現実に

向かってどう対置し、いかに生きるべきか、ということを

学ぶに足りない人とは、どういう人か、ということでした。


秀吉をして、「自分の次の天下人は、徳川か黒田だ」と

言わしめた黒田如水ですが、後世に残るこの2人の

有名な言葉を比較してみると、その差は明らかです。

本 黒田如水(水五訓)


 一、自ら活動して他を動かしむるは水なり
 一、常に己の進路を求めて止まざるは水なり
 一、障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり
 一、自ら潔うして他の汚れを洗い清濁併せ容るるは水なり
 一、洋々として大洋を充たし発しては
    蒸気となり雲となり雨となり雪と変じ霰と化し
     凝っては玲瓏たる鏡となりたえるも
      其性を失わざるは水なり


本 徳川家康(遺訓)


 人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し

 急ぐべからず

 不自由を常と思えば不足なし、

 心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし

 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え


 勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば

 害その身に至る

 己を責めて人を責めるな

 及ばざるは過ぎたるより勝れり 


---

家康の遺訓は、自分の現実に体当たりで生きた

行動家の言葉といえるでしょう。

如水の言葉には、流れている水そのものという

よりは、どちらかというと、それを眺めている人の

言葉であります。


・・・

最後に以下は、如水が秀吉の怒りを買い窮地に

陥ったときに、息子の長政に送った遺訓をまとめた

内容です。


お茶何事も、決して心のままにはならない。

  堪忍と分別が第一だ。これをしないで、格好の

  よいことばかり考えるとろくなことがない。


        『黒田如水』(著 童門冬二)より


黒田如水の人生はかくのごときものであったという

ことでしょう。

もちろん、部下に対する人心収攬など、武将として

恐るべき素質と、また、その野望を胸のうちに見透か

されたからこそ、秀吉に警戒されたのは言うまでも

ありませんが・・・


以上、黒田如水でした。

---

黒田如水 (吉川英治歴史時代文庫)/吉川 英治
¥798
Amazon.co.jp
 
黒田如水 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)/童門 冬二
¥620
Amazon.co.jp

-----

おすすめの記事