隙間時間の勉強法、確立
巷でよく耳にする「隙間時間の勉強」。
ようやくにして自分なりの方法が確立しそうです。

今までは、会社でちょっとした業務と業務との間で
勉強しようと、何度なく試みた過去があります。

しかし隙間時間はあっても、勉強できるようになる
までには至りませんでした。というのも、そもそも、

 ・会社デスクで参考書など開けない

 ・単語帳などでは情報量が少なすぎる


といった事情があったからです。

が、美崎栄一郎氏の著書、
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか本

に、これらを一挙に解決する方法が紹介されていました。

目から鱗でした目

それはなんと、勉強ノートを、業務ノートの最後の
ページから
使っていくというものです。

これなら確実に、本当の隙間時間でも、十分に
効果のある勉強をすることができます。

なぜなら、勉強ノート部分に記載されているのは、
昨日にやった問題の、間違えた箇所、その理由、
暗記が必要な部分など、をまとめた内容だからです。

これだと、本当に必要な復習内容だけを、翌日に

チラチラと確認できるというわけです。


いま、とある資格に向けて勉強しているのですが、
さっそくこのやり方を取り込んでいます。

実感として、これはいける、という手応えがあります。

本当に便利な方法を教えてくださいました。
美崎栄一郎氏に感謝ですビックリマーク

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)/美崎 栄一郎
¥1,470
Amazon.co.jp

-----

おすすめの記事