小説家・漫画家が世に出るルートが変わるかも?

DeNAが、携帯サイトでの投稿サイトを開設するそうです。投稿できる内容は小説・漫画など。

登録手数料は210円。高い評価(アクセス数?)の作品には報酬100万円が出るとか。

このサービス、大手出版は絶対に参入できないと思います。それをすると自分たちの既存の媒体を侵食することになるから。故に、DeNAのようなベンチャー会社が攻める島なのかと思います。

さて、このサービスが軌道に乗ったらどうなるか。

各有名紙の小説家や漫画家は、こういう個人投稿の人気獲得数によって発掘されることになって行くのではないでしょうか。

そうなると、出版社は、この仕組みに上手く乗っかれば、書き手の発掘が非常に効率的にできるようになるのではないかと思います。なぜなら、人気があることはアクセス数で保証されているから。

DeNAが目指しているのがそういう状態なのかどうかは分かりませんが、そうなると出版社にも実は嬉しい状況が生まれるのではないでしょうか。

よって、このサービス、Yahooなどの、アクセス数を稼げる業者は参入してくるかもしれません。

—–