Twitter でビジネスモデルを考えてみました。。。名づけて、「村おこし大作戦」

Twitterでのビジネスモデルを考えてみました。


もう考えられているかもしれませんが、ちょっと図まで作ったのでアップロードしてみました。


ちなみに概要としていは、GPSによる位置情報で、ある商店街エリアに入ったりしたときに、そのエリア内にあるお店のTwitterつぶやきが自動で入ってくるというイメージ。


これで地方の商店街などでエリアを構築すると、旅行客の取り込みなどができるのではないかと思いました。



記憶の糸-Twitterビジネス

他にも次のキーワードで考えてみました。

キーワード:即時性、時間の有効利用、中小企業、小口を集める、相手が分かる


■エリア内

 1)不特定メンバーとのタクシーの相乗り
 2)セカイカメラでの店舗レビュー
 3)商店街の協業(スーパーのような役割を各店舗が持つ)
 4)スーパー/個人商店のタイムセールの告知
 5)バイト
 6)飲食店の呼び込み
 7)家電の呼び込み
 8)自分の欲しい店情報を得るためにキーワードを投げる
   →「牛肉なう」→「牛肉を扱っている店のつぶやきがURL入で飛んでくる」


■エリア外(屋内)

 1)楽天で共同購入
 2)ユーザーサポート
    ぼやき以上、問合せ未満のユーザーの声を拾う仕組み
    →つぶやく程度の不満を拾う

—–