一年の計は元旦にあり

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えまして、まずは大晦日に反省した昨年のことを踏まえて、今年一年の計画を立てようと思います。

昨年一年は、「積み重ねた一年」というよりも「ただ過ごした一年」でした。

決して褒められた年ではなかったので、これに反省して、今年は「積み重ねた」と言えるような一年にしたいと思います。

※※※

そして、その昨年一年を「ただ過ごした」ふうにしてしまったのは何であったかと考えてみますと、「忙しさ」と「怠惰」のふたつに収斂するように思います。

忙しいことは良いことだと、確かに半面言えなくはないですが、漢字が示しているとおり、「心を亡くす」わけですから、「忙しさ」からは内面の成長はないというわけです。

加えて、この「忙しい」を理由に、余暇にあれこれとやるべきことを余りやらなかった ― つまりは、「怠惰」さが「忙しさ」と一体となって、無為に流れる時間を肯定していた、というのが、昨年だったと思います。

また、「忙しい」部分、外面では成長があったのではないか、ということもありそうですが、確かに物事を進ませることはしたが、その進み方をあれこれ検討してみたり、改良しようとしてみたり、という精神が乏しかったように思います。

そしてそれは、社会人になってから初めてそう感じる一年であったともいえます。

こんな一年を繰り返さないよう、今日一日、あれこれと計画を立てたいと思います。「怠惰」と「忙しさ」を引き離しておく必要があると、今時点、考えています。

それでは、今年、頑張ります!

年始のブログ:
2012年1月 季節行事があれば、みんな集まれる
2011年1月 初詣のおみくじは持って帰るもの?
2010年1月 ソニー・松下のトップ会談 ※松下幸之助/盛田昭夫